所員に訊く(弁理士・村越亮太編)

聞き手:渡邉 浩(パートナー弁理士)

話し手:村越亮太(事務所一の若手弁理士)

 

渡邉 今日は、朝日特許事務所での業務について、所員の生の声を「直接」お届けしようと思います。そこで、事務所で最も若い、弁理士の村越亮太さんにお話を伺います。村越さん、よろしくお願いします。

村越 よろしくお願いします。

 

渡邉 村越さんは新卒(*1)で朝日特許事務所に入所されたわけですが、特許事務所に入ろうと思った理由は何ですか? *1:2018年3月大学院修了、4月に朝日に加入。

村越 学生時代に一般企業にインターンに行って、そこで法務の仕事を経験しました。インターンと同時に特許事務所でアルバイトもしていて、それぞれ自分にとっての良い点、悪い点があったんですけど、一般企業の、集団で仕事を作り上げていく、というところがあまり自分に向いていないのかな、ということに気づきまして、個人で仕事を進められる特許事務所で仕事しようと思いました。

渡邉 そのあたり、実際に朝日に入ってみて、仕事のやり方は、村越さんが想定していたものと比較してどうでしたか?

村越 特許事務所でのアルバイト経験もあり、概ね想定していたとおりでした。入所前の想定と大きなギャップが無かったのでよかったです。

渡邉 なるほど。村越さんは今(*2)、入所して1年半ちょっと過ぎたわけですけど、現在の業務内容を教えてください。 *2:このインタビューは2019年12月に行われました。

村越 国内外の特許の中間処理と、商標は国内外の案件を全般的にやっています。

渡邉 仕事内容については、入所前に想定していたものと比べてどうですか?

村越 入所直後に面談したときに、「1年半くらい経ったときに、『一通りの業務を経験しました』って言えるようになりたいね」というお話がありましたが、特許についてはまだ明細書の執筆ができていないのでそこは頑張りたいです。商標は幅広くいろんな案件を任せてもらっているのですごい勉強になっています。

渡邉 今後、このあたりを頑張っていきたい、という意気込みを教えてください。

村越 特許案件はまだチェックをしてもらっている段階なので、少なくとも中間処理についてはチェック無しで進められるようになりたいです。あと中間処理だけでなく明細書もしっかり書けるように頑張っていていきたいです。

渡邉 そうですね。特許明細書はこれから頑張りましょう。では、若手目線で、朝日の良いところはどんなところですか。

村越 えーと、正直に言っていいんですよね(笑)?

渡邉 もちろん(笑)。

村越 残業時間が少ないのはすごいな、と思っています。(弁理士受験生時代の)同期の友達とかは、週に6.5日とか働いているという話を聞いたりするので。

渡邉 それは特許事務所に勤めてる方ですか?

村越 そうです。それ以外の友達でも、少ない人でも月20-30時間くらいは残業してるみたいです。いま僕はほとんど残業していないので、ワークライフバランスがすごく取れてていいなと思っています。

渡邉 なるほど。他には?

村越 商標案件に関しては、学生時代のアルバイト先の特許事務所で実務を教わった経験とか、朝日では商標専属の弁理士がいなかった(*3)とか、そういう事情があって、かなりの部分を任せてもらっているのでそれはすごく良いと思っています。 *3:朝日特許事務所には、特許・商標・意匠いずれにも対応できる弁理士が多く在籍しており、商標専属の弁理士はおりません。

村越 あと、僕のビジョンとして、大企業とか大事務所で特定の業務だけをひたすらやるのではなくて、ある程度幅広い業務をこなせるようになりたい、少なくとも特許と商標はあるレベル以上の仕事がこなせるようになりたい、と思っているので自分の将来像と朝日の方向性が合っている、というのが良いと思っています。

渡邉 教育面についてはどうですか?

村越 僕の周りの友達から、上司がウザいとかいう話をよく聞くんですけど(笑)、正直、僕はそういうこと無いので毎日楽しく仕事しています(笑)。

渡邉 それはどうもありがとうございます(笑)(*4)。ここ太字にしときます。 *4:村越さんの教育係は渡邉。

村越 仕事で分からないことがあると、いろんな人に聞きに行って教えてもらうんですけど、誰に聞いても親切に教えてくれるので一人で悩んだりすることもありません。

村越 ほぼ月イチで弁護士さんのセミナーが開催されてる(*5)とか、英会話レッスン(*6)とか、自己研鑽できる環境があるのも良いです。 *5:内田・鮫島法律事務所から弁護士の先生を講師としてお招きして定期的に所内セミナーを開催。 *6:英国人による個別レッスン。

村越 あと、僕の友達は職場でイベント毎に飲み会があって面倒くさいとかよく言ってますけど、朝日は飲み会が少ないので良いですね(笑)。これは人によると思いますが。

渡邉 ああ(笑)、個人的には忘年会くらいはやった方がよいと思いますけど(*7)。 *7:2019年末は業務多忙につき事務所の忘年会が開催されませんでした。

渡邉 じゃあ、悪いところ、というとアレなんですけど(笑)、朝日もうちょっと頑張った方がいいな、というところはありますか。

村越 まず、テレワークの導入ですね。

渡邉 実はテレワークは、いま検討しています。

村越 そうなんですね。あと、フレックスのコアタイム(*8)もっと短くならないかな、と思っています。完全フレックスでもよいのじゃないかと。 *8:2020年2月現在、コアタイムは10:30-15:30。

渡邉 分かりました。参考にさせてもらいます。最後に、村越さんの今後の野望があったらお聞かせください。

村越 1回海外で働いてみたいです。あとデスクワークは好きなんですけど、ずっとデスクワークだけだと飽きちゃうので、人とは違うストロングポイントを作って、お客さんの元に出かけていってコンサルするということにチャレンジしたいです。

渡邉 そうですね。それは是非、頑張っていきましょう。今日はありがとうございました。

村越 ありがとうございました。